高校留学についての情報がいっぱい!

このサイトでは、高校留学におけるニュージーランド留学中の滞在方法の種類を紹介します。
大きく分けて「ホームステイ」・「学生寮(レジデンス)」・「フラットシェア」の3つがあり、それぞれ防犯面に不安がある、現地の文化を知りやすいなどメリットデメリットがあります。
国際交流や語学スキルのアップなど、自分の目的にあったものを選択することができればより良い留学生活を送ることができますので、参考にしてみて下さい。

高校でのニュージーランド留学中の滞在方法の種類

高校でのニュージーランド留学中の滞在方法の種類 高校留学のステイ先にニュージーランドを選ぶのなら、滞在方法について知っておく必要性があります。
滞在方法の種類には大きく分けて「ホームステイ」・「学生寮(レジデンス)」・「フラットシェア」の3つがあり、それぞれメリットデメリットがあるので自分の目的にあったものを選択しましょう。
「ホームステイ」はホストファミリーと一緒に過ごせるため学校以外の場所でも日常会話で語学力を上げることができますが、相性が合わないこともあります。
「学生寮(レジデンス)」は同じ学校の学生とたくさん交流ができたり、寮の管理人がトラブルの相談にのってもらえるなどのメリットがありますがルームメイトを選べません。
「フラットシェア」は家賃が安いですが、防犯面が気になりますので高校留学にはあまり向かないと言えるでしょう。
予算や安全面を踏まえたうえで選択するようにして下さい。

ニュージーランドの高校留学で滞在はどうすればよいか

ニュージーランドの高校留学で滞在はどうすればよいか ニュージーランドに高校留学を考えている人は、勉強とともに生活についても疑問や不安を持っているかもしれません。
特に知らない土地で、全く面識がない人と英語でコミュニケーションをとる必要があるため、滞在方法についてはよく知っておきたいものです。
高校留学を考えている人は18歳未満のことが多いと思われます。
そうなると、ニュージーランドでは18歳以下の人はホームステイが義務付けられているため、必然的に滞在の方法は決まってきます。
そしてホームステイでは3食提供することが義務付けられているので、基本的に食事の心配はありません。
費用面では、食事が提供されることで生活に必要な費用は交通費や日用品などになるため、予算も立てやすいでしょう。
ホームステイでは、どんな家庭で過ごすことになるか心配になる方もいるかもしれませんが、ニュージーランドでは留学生の生活保障に関する規定がきちんと定められていて、定期的に留学生と面談する機会が設けられます。
また、ホームステイ先のチェックも年に2回されることになっているので、トラブルにならないよう国からサポートが受けられるので安心です。
また、ホームステイ先が合わないと感じる場合は変更することもできます。

ニュージーランドに高校留学した場合の授業の特徴は?

高校留学先で人気の高い国の一つに、ニュージーランドがあります。気さくでフレンドリーなお国柄で、治安も良いことから高校留学先としても旅行先でも人気を集めています。豊かな自然に恵まれており、多様な文化を受け入れる土壌もあります。社会的な男女格差も少なく、女性が働きやすい環境が整っている国としても知られています。 ニュージーランドの高校では、決まった時間割というものがありません。生徒が自分で学びたい授業を選ぶのです。留学生向けのプログラムなども用意されており、課外授業などが行われることもあります。少人数のクラスになっていることが多いので、発言する機会が多いのも特徴の1つです。先生や周りにいる生徒とコミュニケーションを取ることで、学びを深めていくことができます。また、語学力を磨くのにも最適ですし、会話力やコミュニケーションスキルを高められます。日本人は自ら率先して話すことに慣れない人も多いので、積極的に自分の意見を表明することが重要です。

勉強に最適な高校留学でニュージーランドが人気の理由

高校留学を考えている方におすすめなのがニュージーランドです。おすすめの理由は複数点ありますが、第一に柔軟で温かい留学生の受け入れ態勢が整っています。留学生の生活保障に関する服務規程というものが存在し、学問上の目標を達成できるように支援して、より有意義なものにしてもらえるように尽力するという目的からなるものです。また、治安の良さや時差の少なさ、留学生を保護するための制度などが人気の理由です。さらに、留学するうえで費用が気になる方も多いはずです。ニュージーランドはアメリカなどと比較すると、リーズナブルな費用なので家計への負担も抑えられます。英語がそれほど得意ではなくても、英語を母国語としていない学生のためのコースがあり、その人のレベルに合った授業が受けられます。授業面では選択科目が多く、学年が上がるごとに進路に合わせて選択内容を決めていくので日本とは一味違う専門的な科目の勉強も経験が可能です。大学進学を視野にいれた高校留学をお考えの方は、最適で充実した環境の中でより多くの知識を学ぶことができます。

温暖な気候のニュージーランドは高校留学先として人気

今や仕事で英語を使うことは普通に行われていて、英語を使えることは就職に有利に働くアドバンテージとなります。
日常の中で自然に英語が話せるようになるには、英語で話す頻度を上げることです。
自然な英語力を育めると、高校で語学留学を決める学生は多くいます。
高校留学先として温暖な気候や自然な英語力の習得が出来ると人気なのが、ニュージーランドです。
海外で暮らす際に気になるのが留学先の治安ですが、ニュージーランドは治安が良く温暖な気候と相まって自然豊かな環境で英語を学ぶことが出来ます。
人口が約450万人の小さな国で教育制度も自由度が高く、自由に伸び伸びと生活を送りたいと考える学生におすすめな留学先です。
受け入れ体制も万全で留学先の高校にカウンセラーを常駐させている所がほとんどなので、生活や授業に不安を抱える学生も安心して勉強に集中することが可能です。
高校留学を検討中という人は、留学先の一つとして教育環境について詳しく調べてみてはいかがですか。

安全性が高いニュージーランドは高校留学先に適している

これから高校留学をしようと考えている方が結構いるはずです。
英語力を向上させることができますし、海外で生活することでリーダシップなど人間的にも大きく成長できるので、高校留学をすることは何も間違っていません。
ただ、人気が高い欧米は安全性に関して懸念があります。
重大事件に巻き込まれてしまう可能性があるので、安心して生活したい方はよく調べてから留学先を決めるべきです。
日本で生活していると勘違いしてしまいますが、日本のように治安が良い国はほとんどないことを認識する必要があります。
そこで、安全性が高いと評価されているニュージーランドがおすすめです。
重大事件の発生率がかなり低いため、勉強などの学校生活に集中できると思われます。
窃盗などの軽犯罪のリスクはありますが、自分で対策を講じれば防ぐことが可能です。
ニュージーランドは教育にかなり力を入れているので、質の高い教育を受けることができる点も魅力になります。

高校留学におけるニュージーランドの教育制度とは

高校留学をする方は珍しくありませんが、その中でも人気が出始めているのがニュージーランドです。
ニュージーランドは日本と経度がそれほど変わらないことからほぼ時差がありません。
また、乳製品の生産が盛んであることも日本人の食の好みとマッチします。
この国の教育制度はどちらかというと大らかであり、授業などでがんじがらめにするものではありません。
生徒の自主性を重んじ、それぞれが考えながら学んでいきます。
それはグローバル化の進む世界で生き抜くうえで大切なことです。
この国に高校留学する方の中には英語力の向上を期待する方も多いのではないでしょうか。
この国の英語はオーソドックスなものであり、帰国後も活用することが出来ます。
文法重視ではなく、実際の会話表現を重視していることも特徴です。
実際の英会話を想定して語学力を身に着けることが可能です。
これまでに本格的な語学を学んだことがない方にもまさにうってつけといえるでしょう。

高校留学でニュージーランドに行く日本人はどれくらいいるのか

高校留学といえばアメリカやカナダなど北半球をイメージする方も多いかもしれませんが、実は南半球に行く方もたくさんいます。
その中でも注目を集めているのがニュージーランドです。
ニュージーランドの語学学校における日本人の割合はおおむね20%から30%とされています。
つまり、現地で日本人に会う可能性はかなり高いといえるでしょう。
高校留学で友人ができるか心配という方も安心できます。
一方であえて外国人の多い環境で学びたい方もいるかもしれません。
そんな場合にはこの国の中でも小都市を選ぶことをお勧めします。
クライストチャーチのような小さめな都市では現地の方が多くなります。
あとは時期による差も大きいです。
日本が夏休みや春休みの場合には、やはり割合が高くなります。
逆にいえばそういった時期以外に行った場合には現地の方の割合が大きくなるといえるでしょう。
自身の留学の目的や希望に合わせて選択することが非常に重要となっています。

高校留学はニュージーランドが易しいという意見は本当?

ニュージーランドは人口が約450万人で、豊かな自然と温暖な気候が特徴の国。
治安がよく、高校生でも安心して過ごせることから留学先として選ぶ人が増えています。
アメリカやイギリスへ高校留学すると、必修科目が多く英語で学習するのについていけない生徒も多く出てしまいますが、ニュージーランドは必修科目がなく、留年することもほとんどありません。
勉強が苦手で、高校留学でついていけるか不安な人や自分で好きな科目を自由に選んで、のびのびと高校生活を送りたいという人に向いています。
学業面で易しいという意見があるのは本当で、英語力や成績のせいで留学を諦める必要はありません。
留学のハードルが低いため、意欲さえあれば誰でも海外で学ぶことができます。
高校の96%が公立高校であり、現地の学生は公立高校へ進学。
高校のレベルに大差はなく、高校自体が留学生の受け入れを行うために熱心な学校が多いです。
地域によって教育の特性があるので、希望に合った学校を選びましょう。

高校留学についてもっと調べる

高校留学 ニュージーランド

新着情報

◎2021/6/17

情報を更新しました。
>温暖な気候のニュージーランドは高校留学先として人気
>安全性が高いニュージーランドは高校留学先に適している
>高校留学におけるニュージーランドの教育制度とは
>高校留学でニュージーランドに行く日本人はどれくらいいるのか
>高校留学はニュージーランドが易しいという意見は本当?

◎2021/1/13

高校留学する際の費用
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

留学滞在中の友達の作り方
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

保護者代わりになる人の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 ニュージーランド」
に関連するツイート
Twitter

返信先:友人で日本の高校不登校→中退→留学して、高校と大学オーストラリア→ニュージーランドと行った子がいます。帰国後に夢だった職に就きました。ご両親の考えもあると思いますが、色んなケースがあります。自分の娘だったらと思うと、国内で一人暮らしも海外で寮暮らしもホームステイも心配ですけどね😅

あ、今年の夏ニュージーランド留学に行くことになりました🇳🇿 写真とか載せるね!

アドベンチャーをやる人たちが作った国=ニュージーランドに学ぶ「変化」への態度|podcast番組「半歩先トーク」by edition4 studeies|ゲストはニュージーランド在住の藤井巌さんです|ニュージーランドの教育・ニュージーランド留学お考えの方に特にオススメ|

福島留学レポート 今日はニュージーランドでの初めての試合がありました。歴史と伝統のあるライバル校との試合に出ることが出来て光栄でした。自分はセンターとフランカーで出場し、DFの部分でアピールすることを意識しました。 .... つづく

お金の管理💰 【条件】 ・ニュージーランド🇳🇿  オークランドにて  約11ヶ月滞在予定 ・ホームステイ  平日:朝晩  土日:朝昼晩 ご飯有 ・語学学校留学 ⇒この内容で、  月4〜5万×11ヶ月  =44〜55万円くらいで  やっていけると思います  か?  (交際費・生活必需品・  交通費)